献血者の皆さまへ重要なお知らせ


kenketu-014.jpg

これはシェアしたほうがいいかなシリーズ。

一時的
献血ルームの受付変更のお知らせ

日頃より、血液事業へのご理解・ご協力をいただきありがとうございます。
日本赤十字社関東甲信越ブロックは、平成26年6月25日(水)から、新たなシステムを導入し、献血の受付を行うことになりました。

つきましては、新システムへの切り換えに伴い、皆さまからいただいた血液を確実に患者さまへお届けするための措置として、6月24日(火)および25日(水)の献血ルームについて、下記のとおり受付時間などが変更になります。
皆さまには、ご不便をおかけいたしますが、何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

■6月24日(火)
・横浜駅東口クロスポート[045-444-1088]:血小板成分献血予約者のみの受付
・横浜駅西口[045-314-7082]:血小板成分献血予約者のみの受付
・上大岡[045-843-2332]:休所
・二俣川[045-361-0330]:閉所
・かわさきルフロン[044-245-1857]:血小板成分献血予約者のみの受付
・みぞのくち[044-813-0311]:血小板成分献血予約者のみの受付
・クロスウェーブ湘南藤沢[0466-25-8877]:血小板成分献血予約者のみの受付
・本厚木[046-225-7001]:血小板成分献血予約者のみの受付
※6月24日(火)は予約者のみの受付となります。ご了承ください。

■6月25日(水)
・横浜駅東口クロスポート[045-444-1088]:受付開始14時から:全血・血小板・血漿の献血にご協力いただけますが、血小板成分献血予約者優先となります。
・横浜駅西口[045-314-7082]:受付開始14時から:全血・血小板・血漿の献血にご協力いただけますが、血小板成分献血予約者優先となります。
・上大岡[045-843-2332]:受付開始14時から:全血・血小板・血漿の献血にご協力いただけますが、血小板成分献血予約者優先となります。
・二俣川[045-361-0330]:受付開始14時から:全血のみの受付です。
・かわさきルフロン[044-245-1857]:受付開始14時から:全血・血小板・血漿の献血にご協力いただけますが、血小板成分献血予約者優先となります。
・みぞのくち[044-813-0311]:受付開始14時から:全血・血小板・血漿の献血にご協力いただけますが、血小板成分献血予約者優先となります。
・クロスウェーブ湘南藤沢[0466-25-8877]:受付開始14時から:全血・血小板・血漿の献血にご協力いただけますが、血小板成分献血予約者優先となります。
・本厚木[046-225-7001]:受付開始14時から:全血・血小板・血漿の献血にご協力いただけますが、血小板成分献血予約者優先となります。

★6月24日(火)および6月25日(水)の血小板成分献血にご協力いただけるという方は、献血ルームでのご予約をよろしくお願いいたします!

詳細は、血液センターホームページにも掲載しております。※PC用のみ
URL http://www.jrcs-kanagawa.org/ketueki/topics/2014/newsystemnews.htm

なお、6月26日(木)からは、平常どおりとなります。皆さまのご協力、心よりお待ちいたしております。

神奈川県赤十字血液センター 登録課
046-228-9922(平日:9〜17時)
☆新メールアドレス☆ kng-touroku@ktks.bbc.jrc.or.jp
※以前のメールアドレス< knatouroku@jrcs-kanagawa.org >は5月31日(日)をもちまして廃止となります。メールによるご連絡は、上記の新メールアドレスへお願いいたします。

とのことです。

定期的に献血に行かれる方は、スケジュール帳にメモをお願いします。

φ(..)メモメモ

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

新聞に載せてせていただきました。


NEC_0699.JPG NEC_0701.JPG QRcode_4.gif

このたび私、吉田真理子が
広告ではございますが、
5/23付朝日新聞朝刊に
「神奈川のフィットネスの専門家」として顔写真を掲載して頂きましたので、ご報告申し上げます。
 
 
 これもひとえに日頃よりのご指導の賜物と感謝申し上げ、
これより先もますます精進を重ね、
次回は広告でなく『記事』として
掲載されるよう頑張ってまいります。

 「ドラえもんののび太が100点を取ったくらいの出来事」と喜び、新聞画像も添えてのご報告とさせて頂きました。 
 
 
フィットネス(うんどう)の専門家として、
皆様のお役にたてるよう今後とも頑張ってまいりますので、
どうぞ変わらぬご指導と
応援のほど、よろしくお願い申し上げます。 
 
 
 
 掲載広告より詳細はコチラからご覧いただけます。

 ⇒   http://mbp-kanagawa.com/fb100/
 
 
 画像のQRコードで詳細ページにジャンプ致します。  
 
 
 
 
 

  まりねえ@感謝(^人^)     

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

テニスプレイヤーと体幹10


安奈です。運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー
&インストラクターです。

体幹の10回目です。

ライイングスーパーマン

テニスのほとんどの動きが体をクロスするため、
対側になる上下肢を
コントロールしてエクササイズする事は重要である。
右利きの選手のサーブ

右利きの選手のサーブでは、
右阪神の筋力が必要でありながらも、
左下半身の筋力と安定性も重要となってくる。
つまり、
体幹は機能的に上下肢をクロスさせて強化することも必要である。

 

 

 

トレーニング

主働筋:脊柱起立筋・多裂筋・大菱形筋・小菱形筋・中殿筋
協働筋:三角筋後部・前鋸筋・広背筋

ライイングスーパーマン

1。両腕を頭上に伸ばすようにしてうつ伏せになる。
2。両脚は床に着け、まっすぐにする。
3。右腕と左脚を床からあげる。
腰背部の筋収縮を意識して、動きをコントロールする。
4。開始姿勢に戻し、左腕と右脚で繰り返す。

 

バリエーション

フライングスーパーマン

フライングスーパーマンダイアゴナルバック(油絵)

ライイングスーパーマンと同様の動きであるが
両腕と両脚を同時に動かす。
腰部と腹部で動きをコントロールするので難度が増す。

 

 

 

易しくするには、
四つん這いで行うニーリングスーパーマン(ダイアゴナルバック)にする。

膝をついたよつばいの状態、右腕と左脚をあげ、バランスをとる。

同様の筋群が働くが、腰部筋群の活動よりは腹横筋と殿筋群の活動が増える。

 

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング | タグ: , , , , | 2件のコメント

テニスプレイヤーと体幹9


安奈です。運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー
&インストラクターです。

体幹の9回目です。

プローンスノーアングル

このエクササイズは、
腰背部をケガから守る上で重要である。
サーブやスマッシュのフォロースルーで
エキセントリックに働く筋、腰背部を守る為に
このエクササイズではコンセントリックに強化している。
フォロースルーでエキセントリックに働く筋
背部と肩を合わせた動的状態を「肩甲骨安定性」という表現をすることがある。
肩甲骨安定性は、ケガを最小限にする上で重要である。
このエクササイズは、腰部の強化だけでなく、菱形筋を収縮させるため肩甲骨安定性を高める効果もある。

 

 

 

トレーニング

主働筋:脊柱起立筋・多裂筋・大菱形筋・小菱形筋
協働筋:三角筋後部

プローンスノ―アングル
1。肘45度屈曲で、両手を頭に乗せ、うつ伏せになる。
2。両足を床から浮かせた状態で、両脚をのばす。
3。肩甲骨を互いに引き寄せながら、両肘を臀部に下げていく。肘45度屈曲を維持する。両脚は浮かせたまま背部を起こす。
4。開始姿勢に戻り、繰り返す。

 

 

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

テニスプレイヤーと体幹8


安奈です。運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー
&インストラクターです。

体幹の8回目です。

スイマー

腰部の筋群(脊柱起立筋・多裂筋)は
ほとんどのテニスの動きに大きく関わってくる。
グランドストロークやサーブの減速期には
活動が非常に高まる。

よいサーブを打つ選手これらの筋のサーブにおける役割は大変大きい。
よいサーブを打つ選手は、
力蓄積期おける肩と股関節を結ぶラインが20度傾き、
横方向にはあまり体幹軸は崩れないといわれている。

 

このような理想の姿勢がとれ、
ケガをせず効果的にボールにエネルギーを伝えるには、
腰部筋群の筋力と安定性が欠かせない。

 

トレーニング

主働筋:脊柱起立筋・多裂筋・大菱形筋・小菱形筋
協働筋:広背筋・前鋸筋

スイマー

1。うつ伏せになり、両手を前上方向にのばす。
2。両足は床につけたまま、腰と腰背部の筋収縮によって左腕を上げ下げする。
3。腕を変え、右腕を上げ下げする。
4。交互に行いながら繰り返す。

 

 

バリエーション
ローテーショナルスイマー

スイマーと同様の動きをするが、腕を上げる際に体幹と背部を少し回旋させる。広背筋、腹斜筋群、前鋸筋への負荷が大きくなる。

 

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

テニスプレイヤーと体幹7


安奈です。運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー
&インストラクターです。

体幹の7回目です。

ロシアンツイスト

このエクササイズは
フォアハンド・バックハンドグランドストロークの
バックスイング時における力蓄積期において必要な動きに関連している。

バックハンドにおける力蓄積期
回旋のスピードをあげたり
抵抗をかけて行ったりすることで、
体幹回旋のパワー強化になる。

 

 

 

 

 

トレーニング

主働筋:腹直筋・内腹斜筋・外腹斜筋
協働筋:前鋸筋・腸骨筋・大腰筋・腹横筋・多裂筋
ロシアンツイスト

1。股関節と膝間接は45度屈曲で床に座り、両手で体の前でメディスンボールを持つ。
腰背部は床に対して45度に起こし、大腿は90度になるようにする。
2。両足を床から浮かせる。
3。左臀部の横でメディスンボールが床に触れるまで体幹を回旋させる。
4。右臀部の横でメディスンボールが床に触れるまで回旋して戻してくる。
これを繰り返す。

 

バリエーション
エクササイズボール・ロシアンツイスト

エクササイズボールロシアンツイスト

1。両足を地面につき、両肩を背部はボール上で
仰向けになる。
2。右側の腹斜筋の収縮を感じながら、体幹を左にひねる。
3。左も同様に繰り返す。
※不安定な状態でのエクササイズとなるため、安定性を維持しようと協働筋群の活動があがる。

 

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング | タグ: , , , | コメントをどうぞ

テニスプレイヤーと体幹6


安奈です。運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー
&インストラクターです。

体幹の6回目です。

 

プランク

テニスの動きすべてにおいて、
ストレッチ・ショートニングサイクル(*1)が
利用されている。

(*1):伸張―短縮サイクル、
ストレッチ・ショートニング・サイクル (Stretch-Shortening Cycle の略)。
筋肉をいったん伸張させてから短縮させると、
腱の弾性などを利用できるので、
単に収縮するより大きな力が発揮できる。
この原理を利用した運動動作のこと。
プランクは、
ストレッチ・ショートニングサイクルは使用されない、
等尺性ののエクササイズであるが、
テニスにとっては体幹の安定性を高める上で
非常に重要である。
リーチを伸ばして打つショット

リーチを伸ばして打つショット、
グランドストロークやサーブでの回旋、
ボレーやスマッシュのボールインパクトなど、
体幹の安定性が重要な状況は、
プランクによって向上させることができる。
このエクササイズは、
体幹や股関節周囲のケガ予防ともなる。
このエクササイズを継続し、
徐々に保持時間を長くしたり抵抗をかけたりすることで
難度・強度を上げることが可能となる。

 

トレーニング

主働筋:腹横筋・腹直筋・内腹斜筋・外腹斜筋・多裂筋・脊柱起立筋
協働筋:腸骨筋・大腰筋・前挙筋・大菱形筋・小菱形筋
プランク

1。肘と前腕を肩より内側にして床につき、
うつ伏せになる。両足は肩幅にして
脚をまっすぐにし、足、膝、大腿を床に着ける。
2。体幹と臀部を収縮させ、前腕と足先で支えるように
体を床から浮かせる。
3。背中をまっすぐにし(フラットバック)、この姿勢を維持する。初心者は10~30秒、上級者は1~3分。

 

バリエーション
サイドプランク
サイドプランク

サイドプランクは数あるプランクバリエーションの1つにすぎない。両肩と両股関節筋は互いに平行になるように維持し、右肘をついて横向きに寝る。左手は臀部におく。
サイドプランクでは、回旋の体幹安定性に強く関与している外腹斜筋に強く負荷がかかる。

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング | タグ: , , , | コメントをどうぞ

テニスプレイヤーと体幹5


安奈です。運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー
&インストラクターです。

体幹の5回目です。

トウタッチ
股関節屈筋群の筋力とハムストリングスの柔軟性は、
テニスにとって重要な要素である。
このエクササイズでは、
腹筋群と腰部筋群を強化しつつも、
ハムストリングスの柔軟性向上という両要素を改善できる。

ボレーにおける力蓄積期グランドストローク・ボレー・サーブにおける力蓄積期に、股関節屈筋群は筋力を発揮する。

サーブでは、フォロースルーと着地の際にも、股関節屈筋群が重要である。

 

 

 

 

トレーニング

主働筋:腹直筋・腸骨筋・大腰筋
協働筋:大腿直筋・腹横筋・前鋸筋・外腹斜筋・多裂筋・脊柱起立筋

トウタッチ

1。股関節は90度に曲げ、脚をまっすぐにし、
かかとが天井を向くように仰向けになる。
2。目線の先に来るように手を伸ばす。
3。体幹の収縮を使って両手を上げてつま先に
タッチする。両足はまっすぐにしたままにする。
首には力を入れない。
4。腹筋群は収縮させながら、開始姿勢に戻し繰り返す。

 

 

 

バリエーション

ローテーショナルトウタッチ

同様の動きをしながら、両手を両足にタッチする代わりに
左手を右足外側にタッチする。これによって、腹斜筋群と前鋸筋が強化される。

 

 

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

テニスプレイヤーと体幹4


安奈です。運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー
&インストラクターです。

体幹の4回目です。

ローテーショナルクランチ

テニスでは動きの大半が横断面で行われる。
(身体を回旋させる)
従って、体幹の強化もその動きに類似させて行われることが重要である。内・外腹斜筋が腹直筋とともに主働筋となる。
フォアハンドの力蓄積期
フォアハンド・バックハンドグランドストローク、サーブの力蓄積期において、体幹の回旋筋群は伸張されることで活動が高まり、エネルギーが産生される。
このエネルギーは加速期で放出され、再び回旋筋群は伸張される。

 

 

トレーニング

主働筋:内腹斜筋・外腹斜筋・腹直筋
協働筋:前鋸筋・腸骨筋・大腰筋・腹横筋

ローテーショナルクランチ

1。股関節と膝関節を90度に曲げて両足を浮かせ、
手は耳に当てた状態で仰向けになる。
2。クランチと同様に、背部を起こしながら、
右肘を左膝に付けるように体幹を回旋させる。
3。ゆっくりと開始姿勢に戻し、次は左肘を右膝に持って  いくようにし、繰り返す。

 

 

バリエーション
バイシクル
バイシクル
開始姿勢は同様で、右肘を左膝に向けて動かす際に、体幹を収縮させ右股関節を伸展させて右足を伸ばす。
反対側でも同じことを繰り返す。遅く、ふつう、速くといったバリエーションを持たせることができる。

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング | タグ: , , , | コメントをどうぞ

テニスプイレイヤーと体幹3


安奈です。運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー
&インストラクターです。

体幹の3回目です。
いよいよトレーニングに入ります。

クランチ

テニスストロークの一連の動きで、
体幹はパフォーマンスを上げたり、
ケガをしないようにするために、
収縮も緩和もする。

腹直筋はサーブのインパクトで収縮し、
グランドストローク
やボレーのインパクト時も
協働筋として動員される。

また体幹は、
サーブを含めたすべてのストロークにおける
減速期で安定性を保つという大きな役割を担っている。

サーブのボールインパクト

 

 

 

 

 

トレーニング

動員される筋
主働筋:腹直筋
協働筋:腹横筋・外腹斜筋・内腹斜筋
クランチ 1。股関節と膝関節を90度に曲げて両足を浮かせる。

手は耳に当てた状態で仰向けになる。
2。腰部は床につけたまま腹筋群を固く収縮させ、
胸だけ起こすように肩と背部を床から浮かせる。
3。始動時、まず体幹筋群を収縮させることに注意し、
手で首を引き上げないようにする。
4。ゆっくりと背部と肩を開始姿勢に戻し、繰り返す。

 

バリエーション

リバースクランチ
リバースクランチ

開始姿勢は同じで、肩と背部をあげる代わりに骨盤を上げる。

腹直筋と股関節屈筋群(腸腰筋・大腿直筋)が主働筋となり、腹斜筋群が協働筋となる。

 

 

リバースクランチによって、
グランドストローク中に安定させることが重要な
下腹部と股関節屈筋群が強化される。

この部位は、
比較的ケガが起きやすいので、
トレーニングメニューにリバースクランチも
追加しておく必要があるだろう。

 

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ