【テニスプレイヤーとベストコンデョショニングの作り方】


安奈です。こんにちわ。
運営管理者です。
フィットネスライター&
トレーナー&インストラクターです。

 

この試合には勝つ!
そう思って試合に臨みますよね。
「今日の調子は…」確認しますよね。

通常のトレーニングでは
比べるのは他人ではなく
過去の自分の状態です。

しかし、試合当日の
ベストコンディショニングを作るコツは
「その日の状態」だけを
見ること。

「昨日の調子は○○だった」で、
「今日は…?」となると
昨日と比べてるわけです。
で、よくないと慌てる。

試合当日は
過去を振り返っている場合では
ありません。

昨日がどうだったかは
どうでもいいのです。
(すでに遅い)

今日のコンデョショニングは
「今」作る。

いつもやっているパターンを
粛々とこなしていけば、
「いつもの自分」までは
上げていける。ハズ。

今日は今日。
一日を新しく作る。
今の状態を出来るだけ
ベストに持っていけるように
アップする。

目の前のことに集中しましょう。

そして、翌日に
持ち越さないように
きっちり整理運動、ストレッチまで
行ってから終わる。

これが、試合当日の
ベストコンデョショニングを作る
メンタル部分のコツです。

え?

いつもやってるパターンがない?
それは…困りました(^_^;)

ある程度習慣化(パターン化)した
コンディショニングルーティーンを
持っていること。

それを繰り返すことで
一定のレベルを保つことが
出来るのです。

イチローの素振りから
バッターボックスへ入ってからの
一連の動作。
あれも、ベストコンディショニングのための
ルーティーンの1つです。

安定したプレーをするには
安定した動作は欠かせません。
安定した動作を実現するには
安定した準備は欠かせません。

安定した準備を行う
ということはつまり
準備をパターン(ルーティーン)化
させることです。

ルーティーンしたものを
こなすと精神面の安定を
得やすくなります。

試合においても同じで、
準備をルーティーン化させることで
一定のリズムで勝負に向かうことができ、
余計な雑念は追い払うことができるため、
プレーが安定してきます。

この準備をルーティーン化させることは
多くの選手が取り入れており、
自分のリズムでコンデョショニングを
ベストに持っていけるようになってきます。

コートに入るまでの動作に限らず
着替えるところから、準備運動、アップなどを
自分なりのベストパターンで組み立てておけば
落ち着いてプレーに臨むことが出来ます。

特にアップやストレッチは
その日のカラダの状態を見るのに
同じパターンで行った方が
わかりやすいのです。

いつもと同じ動きでも
張りがあったり、硬い感じがしたら
その部位は入念にアップする。
など。

日頃の練習の時から
自分のベストにもっていける
パターンをよく研究しておきましょう。

 

フォーム

カテゴリー: カラダの使い方, コンディショニング, トレーニング, メンタル, 知っ得マメ知識 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

【テニスプレイヤーと肩(7)】


安奈です。こんにちわ。 運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー&インストラクターです。

肩の第7回です。
今回は 前回紹介した三角筋後部
のストレッチを紹介します。

三角筋後部ストレッチ

 

 

 

1.腕を斜めに下ろす。(中部よりもう少し下方向)
2.反対側の手で肘の少し下を押さえる。
3・肩の後ろ側が伸ばされる感覚があれば、OK。
4.ゆっくり20数えてください。

ストレッチで、
十分な柔軟性を
確保するように心がけましょう。

頑張りすぎないように頑張ってください。(^O^)/

 

カテゴリー: カラダの使い方, コンディショニング, ストレッチ | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ

【テニスプレイヤーと肩(6)】


安奈です。こんにちわ。
運営管理者です。
フィットネスライター&
トレーナー&インストラクター です。

肩の第6回です。

今回は この動きに(図参照) 大事な筋肉のエクサイズを 紹介します。

三角筋後部 動作   【テニスとの関連】

肩後方の筋(三角筋後部)は、
テニスのストロークにおける
減速動作として働きます。
特にサーブのインパクト以降で
大きな力を使います。

そのため肩後方の筋群に
適切な筋力をつけることは 大切です。
筋力が上がれば バックハンドも強くなります。

肩甲骨を引き寄せる動きは、
菱形筋群を最大に働かせることになります。
菱形筋がしっかり働いていると、
肩甲骨は適切に動いて けがを防ぐことになります。

主動筋:三角筋
協働筋:大円筋・大菱形筋・小菱形筋

【エクササイズ】 《ベントオーバーリアレイズ》

ベントオーバーリアレイズ 1.足を肩幅に開いて立つ。
2.ひざを軽く曲げ、
背中を まっすぐにしたまま前傾する。
3.両手にダンベルを持ち、
腕を床に向かって下げる。
4. 肘を直角に引き上げる。
こぶしは床に向けたまま。
5.肘を直角に保ったまま、
ダンベルを持った手を ゆっくり肩の高さまで上げる。
6.2秒キープ
7.開始位置までゆっくり戻す。
8. 繰り返し

 

うーっん    ちょっと図が分かりにくいですね(*_*;
三角筋が分かりにくくてすみません。

わかりにくい場合は
コチラも見てみてください。

 

カテゴリー: カラダの使い方, コンディショニング, トレーニング | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

【テニスプレイヤーと肩(5)】


安奈です。こんにちわ。 運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー&インストラクターです。

肩の第5回です。
今回は 前回紹介した三角筋中部
のストレッチを紹介します。

三角筋中部ストレッチ
1.腕を斜め下方向に伸ばす。
2.反対側の腕で抱える
3.手前に引き寄せる。
4.腕を真横に伸ばした時より、三角筋の上側が伸ばされる。
5.下から腕を抱えにくければ、上から肘を抱えるようにしてもOK.
ストレッチで、
十分な柔軟性を
確保するように心がけましょう。

頑張りすぎないように頑張ってください。(^O^)/

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

【テニスプレイヤーと肩(4)】


安奈です。こんにちわ。
運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー&インストラクターです。

肩の第4回です。

今回は
この動きに(図参照)
大事な筋肉のエクサイズを
紹介します。

三角筋中部バックハンド

 

テニスとの関連

腕をからだの中心から外側へ
引き離す(外転)ような
すべての動きに置いて、
肩の外側に位置する筋肉、
特に三角筋中(側)部は
重要になります。

バックハンドグランドストロークでの
バックスイングから
フォロースルーにかけて、
また、サーブのバックスイングの
際にも使われる筋肉です。

シングルハンドの選手にとっては
加速でも減速でも
三角筋中部線維が
唯一の主働筋となるので、
非常に重要なのです。

 

トレーニング方法

サイドレイズ

1.両手に軽いダンベルをもつ。
2.胸を張って立つ。
3.手のひらはももに向ける。
4.ダンベルを握って、身体の横で肩の横まで上げる。
5.手首はまっすぐ、肘は少しだけ緩める。
6.止まったまま1・2と数える。
7.開始位置へ下ろす。
8.10-12回×2~3セット実施。

★ 動かすのは腕だが、体幹を意識し、
身体の中心から動作を感じるようにしましょう。

★上げ下げのたびに
カラダがぶれないよう、しっかり
体幹で固定してください。

 

頑張りましょう(^O^)/

 

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

【テニスプレイヤーと水分補給】


こんにちわ。安奈です。
フィットネスライターで
トレーナーでインストラクターの
運営管理者です。

暑い季節です。
炎天下の中、コートに立つプレイヤーの方には
ホントすごい!頭が下がります。
しかし、「熱中症」にはご用心!

暑い季節です。
炎天下の中、コートに
立つプレイヤーの方って
ホントすごい!頭が下がります。

しかし、
「熱中症」にはご用心を!
図を見てください。
脱水に伴う生理学的変化です。

熱中症の症状

 

運動中の体温調節にとって
最も重要なのは発汗と、
その汗の蒸発による気化熱です。
十分な汗をかくには、
十分な水分補給が必要です。

運動中に体水分の
1%を超える量の水分が失われると
運動能力が低下し始めます。
(図参照)

 

一度に多量に飲むと
腹痛を起こすなどトラブルも
起こるので、適宜、頻回に
飲むようにします。

また、飲み物に塩分が含まれていないと、
必要量が吸収されない状況(自発的脱水)が起きるので、
適切な塩分濃度に調節された
スポーツドリンクを活用しましょう。

ポカリスエット砂糖の量 ただし、スポーツドリンクには

塩分だけでなく多量の砂糖が含まれていたり、人工甘味料が多く含まれるものもあります。
(図2参照)

 

 

ドリンクの砂糖量

健康のためのテニスが
水分補給に何を飲むかによっては
カラダを害することになっているかも
知れませんよ!

 

*とつかテニスクラブの
壁新聞も見てくださいね(*^^)v

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: コンディショニング, 栄養, 水分・飲料, 知っ得マメ知識 | タグ: , , , , , , , , | 1件のコメント

【フェイスブックページを作ってみました。】


安奈です。フィットネスライターで
トレーナーでインストラクターの
運営管理者です。

フェイスブックページを作ってみました。
応援よろしくお願いします。
ところで、ここから、どうやったら
そこへリンクを貼れるんだろ???

あっちからこっちは貼れました。
で???((+_+))???

週末に塾にて先生に伺ってきます。

しばしお待ちを。m(__)m

 

イイネ!もお待ちしています。https://www.facebook.com/totukapulatinum

 

カテゴリー: お知らせ | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

【テニスプレーヤーと高齢社会】


安奈です。フィットネスライター&トレーナー&インストラクターで、
運営管理者です。

こんな話題がとどきました。

日本人の平均寿命が2年ぶりに
世界一に!

日本人女性の平均寿命は86.41歳!
男性も79.94歳と過去最高。

80歳までは長生きする時代です。

日本臨床整形外科学会によると
要介護になるリスクの高い状態の
ロコモティブシンドローム(※)患者数は4700万人。

※ロコモティブシンドロームとは、
主に加齢による骨・関節・筋肉といった運動器の機能が衰えることにより、
日常生活での自立度が低下し介護が必要になったり、
寝たきりになったりする可能性が高い状態のことをいいます。

この状態に総人口の約3人に一人が当てはまります。(–;)ウワオ

早くに健康を損ねてしまったとしたら
その後の人生をずっと苦しむのはつらいことです。

そうならないためにも、あらためて
自分で自分の体を理想の姿勢に整える方法(イコール、トレーニング&コンディショニング)を
伝えていくことが重要だと思いました。

あなたは、そして、
あなたの大切なご家族は適切な運動をして日々、理想の姿勢を保たれていますか?

ひとのカラダを建物に例えてみると
もしも、柱や鉄骨がゆがんでいたら
電気配線や排水管がうまく流れないなどの
不具合が起きてしまいます。

同様に、人間の体もゆがんでいたら
いろいろな問題が生じて
病気や痛みといった症状で現れてしまいます。

私たち人間は太古の昔から
動くように作られています。

日々、健康を維持する動きをすることが不可欠です。

ですが、ただ動くだけでは、かえって痛みをつくってしまう、
ゆがみを大きくすることがあります。
正しい姿勢で、無理なく運動をすることが大切です。

楽しく長くテニスを続けるためにも、土台のカラダ作り。
考えてみませんか?

是非、トレーナーに
お声かけ下さいませ( ^o^)ノ

カテゴリー: カラダの使い方, コンディショニング, トレーニング, 知っ得マメ知識 | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

【テニスプレイヤーと肩(3)】


安奈です。こんにちわ。 運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー&インストラクターです。

肩の第3回です。
今回は 前回紹介した三角筋
及びその周囲の筋肉の ストレッチを紹介します。

三角筋ストレッチ手描き
1.腕を伸ばして自分の方に引き寄せる

2.ゆっくり自分の方に引き寄せる。

*腕を伸ばす方向を真横だけでなく

様々な角度にすることにより、

周囲の様々な筋肉も伸びる。

 

ストレッチで、
十分な柔軟性を
確保するように心がけましょう。

頑張りすぎないように頑張ってください。(^O^)/

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング | タグ: , , , | コメントをどうぞ

【テニスプレイヤーと肩(2)】


安奈です。こんにちわ。
運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー&インストラクターです。

肩の第2回です。

今回は
この動きに(図参照)
大事な筋肉のエクサイズを
紹介します。
三角筋前部フォアハンド高い球

テニスとの関連

グランドストロークのフォアハンドで
時に高い球を打とうとするときに
肩の前面の筋(三角筋前部)が働く。

グランドストロークとサーブの
加速時に直接関連するので
しっかり鍛えておく必要がある。

弱いと肩の靭帯や腕、胸の腱に
負担がかかり、ケガを招きかねない。

 

トレーニング方法

*フロントレイズ (三角筋前部・側部)
フロントレイズ

1.軽いダンベルを両手に持つ。
2.胸を張ってまっすぐ立つ。
3.手のひらはももにむける。
4.腕をまっすぐ前から肩の高さまで上げる。
5.肘は少し緩めておく。
6.肩の高さで2秒停止。
7.ゆっくり開始姿勢まで戻す。
8.10-12回×2~3セット実施。

★ 動かすのは腕だが、体幹を意識し、
身体の中心から動作を感じるようにしましょう。

★上げ下げのたびに
カラダがぶれないよう、しっかり
体幹で固定してください。

 

頑張りましょう(^O^)/

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング | タグ: , , , , , , , , | コメントをどうぞ