テニスプレイヤーとケガ


テニスプレイヤーとケガ「BEST CONDITIONING
ーテニスプレイヤーのためのカラダ作り100の方法ー」
運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー&インストラクターです。

 

もう年末ですね。お忙しいですか?
大掃除、年賀状など、やることは山積み。
でも
ギリギリまで営業しているところもあります。

行き詰ったら
気晴らしに、ちょっとだけカラダを動かしに、
あるいは伸ばしにいらっしゃいませんか?

最近は、エステや整体も備えているジムも当たり前になってきました。
せっかくですから、そこを利用するのもアリですね。

work-konami11.jpg

さて、本日は『けが』のお話。

私事で恐縮ですが、今年は『けが』が多い年でした。
夏前にムスメ(高1)が重度のねんざでギプス+松葉つえ
11月に息子(小3)がねんざで3週間の安静
同じく11月に自分がヒフク筋(ふくらはぎ)肉離れでいまだに完治せず…。

重症度と新陳代謝の関係もあるでしょうが、
一番早く治ったのは、息子。
それからムスメ。
そして、私はいまだに治らず再発を繰り返す(ToT)/~~~というザマです。

トレーナーでもあるのにね。
情けない。

ただ、一つ言えることは
「休むべき時にきちんと休ませる」このことを守れるかどうか。
これは、治り、そして再発を防ぐ意味でも非常に大事です。

息子の場合、
医者から『3週間の安静』を言い渡され、
担任に先生もそれを順守(体育はさせない。休み時間に走り回らせない)して下さったため
1週間たつころには、サポーターはつけていたものの走り回り始め、
2週間目にはサッカーにも復帰。3週間目で完治(サポーターは必要に応じて使い続ける)。

ムスメの場合
1か月はギプス固定。その後リハビリを行い
秋ごろからレギュラー復帰←バレーボール
現在は通常通り競技を行う。

私の場合
レッスン(授業)中に受傷。そのままレッスン続行。
翌日、翌々日も休むことなくキネシオテーピングだけでレッスン。
⇒悪化。
翌週、数回再発(べりって言ったア~~(@_@;))
キネシオだけでは防げず、アスレチックテーピング併用でがんじがらめにしてレッスン。
皮膚がかぶれ始める。
頑丈なサポーター購入。
2週間は悪化の一途。
3週間目にしてようやく少しマシ?程度に。
1か月経過し、ようやく通常歩行ができるようになった…矢先
イベントのプロデュースで走り回り、再発。

3日間はまたテーピングでがんじがらめにしてレッスン。

⇒  こまかい経過はいずれ、「月刊ジャパンフィットネス」インストラクター物語にてリアル中継(苦笑)

ashi4.jpg0.jpggtcob.jpg

(ToT)/~~~

書いてて再確認。

コリャ治るわけ、ないですね。

安静ったって、患部の安静が保てればいいわけで
寝てなきゃダメってことではないのです。

関節は固定出来るけど、筋肉はなかなか完全固定してしまうとキビシイ(言い訳)ので…

なんてこと言わずに。
みなさんはしっかり休んで、しっかり治してくださいね。

(ToT)/~~~

オマケ

からだポカポカ検定

http://www.ajinomoto-kenko.com/m-magazine/kentei/131130/?adid=c0045oo

これ、なかなかよかったので。(#^.^#)
やってみれば~(のはらしんのすけ風味)
img_355500_3427785_5.jpg

カテゴリー: ケガ, コンディショニング, 知っ得マメ知識   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

テニスプレイヤーとケガ への1件のコメント

  1. Pink より:

    I was struck by the hoestny of your posting

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>