テニスプレイヤーと胸4


テニスプレイヤーと胸4安奈です。こんにちわ。
「BEST CONDITIONING
ーテニスプレイヤーのためのカラダ作り100の方法ー」
運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー&インストラクターです。

前々々回から、胸のお話です。

メディスンボール・チェストスロー

 

サーブの上方や前方へのスイング

 

主に大胸筋、上腕三頭筋、前鋸筋のトレーニングを目的としている。

メディスンボール・チェストスローは、メディスンボールだけを使う優れたエクササイズである。

これらの筋は、サーブの上方や前方へのスイングはもちろんのこと、その他ほとんどのストロークに関与している。

このエクササイズ中、協働筋(三角筋前方、上腕筋三頭筋、腹直筋、腹横筋、脊柱起立筋、多裂筋)は安定とバランスを保っているが、サーブの時も同様に安定性とバランスのために働いている。

メディスンボールチェストスロー

 

トレーニング

主動筋:大胸筋・小胸筋。前鋸筋
協働筋:三角筋前方、上腕筋三頭筋、腹直筋、腹横筋、脊柱起立筋、多裂筋
1。2.5キロ~9キロのメディスンボールを使用する。
年齢、筋力、その他の要素を考慮してボールを選択する。(トレーナーに相談しましょう)
2。両足を肩幅くらいに開き、ひざを軽く曲げ、体幹を安定させて立つ。
3。堅い壁に向かって、両手でメディスンボールを持つ。
胸の前方で腕を伸ばした状態が開始姿勢となる。
4。メディスンボールを胸に引きつけるように勢いをつけて肘を曲げ、胸筋群と上腕三頭筋を収縮させて、素早くボールを壁に投げつける。
5。ボールをキャッチして、繰り返す。

 

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>