テニスプレイヤーと前腕4


テニスプレイヤーと前腕4安奈です。こんにちわ。
「BEST CONDITIONING ーテニスプレイヤーのためのカラダ作り100の方法ー」
運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー&インストラクターです。

前腕、たくさんありますねえ(^_^;)

【テニスプレイヤーと前腕4】

ボールインパクトに対して最後に動く関節

テニスプレイヤーにとって前腕筋群の持久力は、
パフォーマンスや手関節や肘関節のけがを
予防する上で重要である。

手関節はボールインパクトにたいして
最後に動く関節であるため
力強いショットの全力がここに集中する。

手関節の屈曲、伸展エクササイズで
すべてのテニスストロークで求められる
強固な手関節が得られる。

 

リストローラー

リストローラー

使われる筋:前腕伸筋群(腕橈骨筋・長橈側手根伸筋・短橈側手根伸筋)、総指伸筋・
尺側手根伸筋・短母指伸筋・長母指伸筋・橈側手根屈筋
指の伸筋群・屈筋群

1。ウエイトベンチに対して膝をつく。腕を90度に曲げてベンチに肘をついて支える。
2。オーバーハンドグリップ(手のひらが下)で両手もダンベルを握る。
3。前腕をベンチの角に置く。
4。こぶしが床を向くように、手関節を曲げてダンベルを下ろしていく
5。こぶしが天井を向くように前腕伸筋群を収縮させてダンベルを上げる。10~12回繰り返す。

 

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング, 知っ得マメ知識   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>