テニスプレイヤーと前腕筋1


テニスプレイヤーと前腕筋1安奈です。こんにちわ。
「BEST CONDITIONING ーテニスプレイヤーのためのカラダ作り100の方法ー」運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー&インストラクターです。

今回は腕の中でも前腕のお話です。

サーブのフォワードスイング

 

【テニスプレイヤーと前腕筋1】

サーブのフォワードスイングにおいて、
手関節と前腕の回内(*)は大きな役割を果たす。

適切な筋力と持久力があれば、
サーブでスピンの利いたスピードの球を打つことができる。
手関節・肘関節・肩関節のケガを防ぐこともできる。

サーブやスマッシュでは、肩の内旋直後に前腕も回内する。テニスにおける前腕の回内は、手関節のスナップだけでなく、上半身や腕の動きとも連動している。

(*)前腕の回内
回内とは、手首の動きの1つ。
ドアノブを握って回す動作を想像してみよう。
右手なら親指が左(下)を向くように
回していく。この動きが「回内」。
反対に、
親指が右(上)を向くように
回す動きを「回外」という。

エクササイズ
フォアアームプロネーション

使う筋肉:円回内筋・方形回内筋

フォアアームプロネーション

 

1・ウエイトベンチシートに向かって膝をつく。
2・前腕と肘をベンチに置き、肩は安定させる。
3・ハンマー、もしくは片方だけにウエイトのついた器具を握る。
4・開始姿勢は、ハンマーの頭が天井側。
5・ゆっくりとコントロールしながら、前腕を回旋する。
6・反動をつけないように2~4秒かけてゆっくりと回旋させる。
  右手なら親指が左を向くように回していく。
7・最終域で2秒と目手、ゆっく開始姿勢に戻す。
8・反対側も同様に。
12~15回×2セット。

 

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング, 知っ得マメ知識   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>