【テニスプレイヤーと肩の筋肉(ローテーターカフ)5】


【テニスプレイヤーと肩の筋肉(ローテーターカフ)5】安奈です。こんにちわ。
「BEST CONDITIONING ーテニスプレイヤーのためのカラダ作り100の方法ー」運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー&インストラクターです。
肩の筋肉、ローテーターカフの5回目です。
少し間が空きましたね(^_^;)

トレーニングの話だけでは
窮屈な方も少なくないでしょう
ゆるゆると進めていきますので
よろしくお付き合いください。

今回ご紹介するのは
『ローローイング』
というトレーニングです。
テニスプレイヤーは、
カラダ全体の筋肉が
バランスよく
鍛えられている必要があります。

ローローイングは、
背中の上部と肩の後方などの
普段鍛えられていない部分の
トレーニングを目的としています。

使われる筋肉
三角筋後部・菱形筋群・僧帽筋下部

GS.サーブ後の減速
グランドストロークや
サーブ後に上半身を減速させるための
筋肉です。
また、シングル、ダブルともに
バックハンドの加速期にも働きます。
肩甲骨と肩関節を適切な位置に保持するので、
肩インピンジメント(*)から起こる疼痛や肩前面、胸筋の柔軟性がなくなって硬くなることを防ぐなどのケガガの予防にも役立ちます。
肩インピンジメントによる疼痛があると
ストローク速度が低下し、
パフォーマンスに影響を及ぼします。
また長期に及ぶと
重度であれば手術を要するようなことに
もなりえるのです。
こういった事態に陥らないためにも
あらゆる筋をしっかり強化し、
肩の状態を最適に
しておきたいものです。

 

(*)肩インピンジメント
肩インピンジメントインナーマッスルの力が弱いと腕の骨が正常な位置に保たれず、上にズレていってしまいます。そうすると、腕と肩の骨がぶつかったり、2つの骨の間に他の筋肉が挟まったりして痛みや炎症が発生する事になります。アウターマッスルの筋力が強すぎたり、逆に老化などによってインナーマッスルの力が弱くなって筋力バランスが崩れると発生しやすくなる症状です。
エクササイズ:ローローイング

ローローイング

1.チューブに向かって直立する。
2.両手にチューブを握り、両腕をカラダの前に下ろす
3.肩甲骨を引き寄せるように背中を真ん中に寄せる。
4.両腕はまっすぐのまま、ゆっくり両腕を後方に引く。
手首は動かさない。
5.姿勢が崩れず引けるところまで引いて2秒とまる。
6・ゆっくりと元に戻す。繰り返し。

 

★ 動かすのは腕ですが、
肩の奥のほうを意識し、
動作を感じるようにしましょう。

★上げ下げのたびに
カラダがぶれないよう、
しっかり
体幹で固定してください。

★首が短くならないように
肩を下げて、
天井から頭を糸でつるされてるような
イメージでやってみてください。

 

頑張りましょう(^O^)/
レッストライ♪

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

【テニスプレイヤーと肩の筋肉(ローテーターカフ)5】 への1件のコメント

  1. Geralyn より:

    A propos de la poupée vaudou à l’image de sarkozy la justice avait dit « que la caricature et la satire, même délibérément provocantes ou grossières, participent de la liberté d’expression et de communication des pensées et des opsornni &iaquo;. Ce chantage à la subvention n’est donc pas acceptable, et que ce genre de chantage se fasse et/ou se soit fait aussi à gauche ne le rend pas plus acceptable.En tout cas, ça fait un beau coup de pub pour ce jeu et donne une bonne idée de cadeau pour Noël qui va vite arriver ….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>