熱中症の応急手当 FIRE


熱中症の応急手当 FIREこんにちわ。安奈です。
フィットネスライターで
トレーナーでインストラクターの
運営管理者です。

shishin.jpg

 

wbgt

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年も書いた気がしますが、

探すのも面倒くさいので。(爆

 

F(Fluid)・・・液体(水+塩分)の経口摂取、または点滴

1.意識があれば、スポーツドリンクなどを飲ませる。

意識が混濁していればできるだけ早く点滴を開始する

 

I(Ice)・・・身体の冷却

2.衣服を脱がせる

3.氷嚢または冷えたカンジュース等で首筋・わきの下・足の付け根など大きな動脈が触れる部位を冷却

4.氷嚢または冷えたカンジュース等で首筋・わきの下・足の付け根など大きな動脈が触れる部位を冷却

5.うちわや扇風機で風を送る

R(Rest)・・・運動の休止・涼しい場所で休む

6.涼しい場所で休ませる。

可能であればクーラーのある部屋へ移す

E(Emergency)・・・「緊急事態」の認識・119番通報

7.119番通報・救急車の手配

8.意識状態のチェック
9.体温のチェック

( 現場での体温は熱中症診断に役立つ重要な情報です)

10.医療機関に到着したら、倒れた現場での状況、気温、

スポーツの強度・練習時間などを担当医に話す

 

[参考] 安岡正蔵 他「熱中症I〜III度分類の提案」救急医学23巻9号、1,119−1,123、1999

110705necchu_2

anzen110628

カテゴリー: ボディメンテナンス, 知っ得マメ知識   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>