テニスプレイヤーと体幹10


テニスプレイヤーと体幹10安奈です。運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー
&インストラクターです。

体幹の10回目です。

ライイングスーパーマン

テニスのほとんどの動きが体をクロスするため、
対側になる上下肢を
コントロールしてエクササイズする事は重要である。
右利きの選手のサーブ

右利きの選手のサーブでは、
右阪神の筋力が必要でありながらも、
左下半身の筋力と安定性も重要となってくる。
つまり、
体幹は機能的に上下肢をクロスさせて強化することも必要である。

 

 

 

トレーニング

主働筋:脊柱起立筋・多裂筋・大菱形筋・小菱形筋・中殿筋
協働筋:三角筋後部・前鋸筋・広背筋

ライイングスーパーマン

1。両腕を頭上に伸ばすようにしてうつ伏せになる。
2。両脚は床に着け、まっすぐにする。
3。右腕と左脚を床からあげる。
腰背部の筋収縮を意識して、動きをコントロールする。
4。開始姿勢に戻し、左腕と右脚で繰り返す。

 

バリエーション

フライングスーパーマン

フライングスーパーマンダイアゴナルバック(油絵)

ライイングスーパーマンと同様の動きであるが
両腕と両脚を同時に動かす。
腰部と腹部で動きをコントロールするので難度が増す。

 

 

 

易しくするには、
四つん這いで行うニーリングスーパーマン(ダイアゴナルバック)にする。

膝をついたよつばいの状態、右腕と左脚をあげ、バランスをとる。

同様の筋群が働くが、腰部筋群の活動よりは腹横筋と殿筋群の活動が増える。

 

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

テニスプレイヤーと体幹10 への2件のコメント

  1. Hollie より:

    You’ve really captured all the esientsals in this subject area, haven’t you?

  2. http://www./ より:

    What i do not realize is in truth how you’re no longer actually much more smartly-appreciated than you might be now. You’re very intelligent. You understand thus considerably when it comes to this topic, produced me personally believe it from a lot of varied angles. Its like men and women aren’t interested except it is one thing to accomplish with Lady gaga! Your individual stuffs nice. All the time handle it up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>