テニスプレーヤーと背中・腰3


テニスプレーヤーと背中・腰3「BEST CONDITIONING
ーテニスプレイヤーのためのカラダ作り100の方法ー」
安奈です。運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー
&インストラクターです。

背中のトレーニングシリーズです。
今日ご紹介するのは『シーテッドロー』です。

 

シーテッドロー

テニスにとってもっとも大事な上半身エクササイズ。
肩甲骨安定に関わる筋群をはじめ、このエクササイズで動員される筋群は肩と背部を保護する上で重要である。
このエクササイズで発達させることができる群は、
サーブやフォアハンドのボールインパクト後における
フォロースルーの際、エキセントリック収縮によって肩と背部を守っている。

バックハンドのコンセントリック収縮

逆に、バックハンドストロークではコンセントリック収縮によってフォワードスイングにかけての力を発揮している。

また、菱形筋など肩甲骨を引き寄せる筋群をトレーニングすることは、良い姿勢を作ることができ、怪我や頚部痛につながる僧帽筋の過剰収縮を防ぐことができる。

シーテッドロー
トレーニングされる筋

主動筋:僧帽筋・大菱形筋・小菱形筋・広背筋・三角筋後部
協働筋:上腕二頭筋

シーテッドロー
1。ケーブルを床に近い低い位置にセットし、ケーブルマシンに向かって座る。
シーテッドローマシンでも可能である。
2。胸の高さでハンドルを握る。
3。肩甲骨を引き寄せるようにハンドルを引く。体幹は安定させる。
4。開始姿勢にゆっくり戻し繰り返す。

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>