テニスプレイヤーと背中・腰 2


テニスプレイヤーと背中・腰 2「BEST CONDITIONING
ーテニスプレイヤーのためのカラダ作り100の方法ー」
安奈です。運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー
&インストラクターです。

背中のトレーニングシリーズです。
今日ご紹介するのは『ローテーショナルプル』です。

ローテーショナルプル

バックハンドグランドストローク

テニスストロークの減速時において、
背筋群の活動は高まる。
これらの筋群は、
テニスの回旋運動と同じような軸面で
トレーニングされなければならない。

近年のテニスにおいては、
回旋運動が非常に重要である。

フォアハンド・バックハンドストロークとサーブで、
力強いショットを生むには大きな回旋運動が必要である。
屈曲や伸展方向のトレーニングだけでなく、
回旋運動もトレーニングプログラムに取り入れて
腰背部の筋群を発達させることで、ストロークの減速に役立ち、肩関節を保護することになる。

 

ローテーショナルプル

トレーニングされる筋
主動筋:大菱形筋・小菱形筋・内腹斜筋・外腹斜筋・脊柱起立筋・広背筋
協働筋:三角筋後部・僧帽筋

 

 

トレーニング

1。ケーブルプーリーマシンでケーブルの高さを肘関節付近にあわせる。
2。ケーブルマシンの横で、アスレティックポジション(膝を軽く曲げ、低い姿勢にし、動きやすい準備をした姿勢)をとり、右足の外側で左手のハンドルを握る。
やや前傾して開始姿勢をとる。
3。アスレティックポジションヲ維持したまま、背筋群の収縮を意識して左肘が左肩の高さにくるようにケーブルを引く。
3。肩胛骨が互いに引き合うようにゆっくりコントロールしながら動かす。
4。設定した回数を左で行った後、右を同じように行う。

バリエーション

メディスンボールハンドオフ

ケーブルプーリーマシンがなければ、メディスンボールでこのエクササイズを行うことができる。
2人が背を向け、回旋しながらメディスンボールを渡して受け取る動きを交互に行う。それぞれ逆の方向も行う。

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>