【テニスプレイヤーと肩(6)】


【テニスプレイヤーと肩(6)】安奈です。こんにちわ。
運営管理者です。
フィットネスライター&
トレーナー&インストラクター です。

肩の第6回です。

今回は この動きに(図参照) 大事な筋肉のエクサイズを 紹介します。

三角筋後部 動作   【テニスとの関連】

肩後方の筋(三角筋後部)は、
テニスのストロークにおける
減速動作として働きます。
特にサーブのインパクト以降で
大きな力を使います。

そのため肩後方の筋群に
適切な筋力をつけることは 大切です。
筋力が上がれば バックハンドも強くなります。

肩甲骨を引き寄せる動きは、
菱形筋群を最大に働かせることになります。
菱形筋がしっかり働いていると、
肩甲骨は適切に動いて けがを防ぐことになります。

主動筋:三角筋
協働筋:大円筋・大菱形筋・小菱形筋

【エクササイズ】 《ベントオーバーリアレイズ》

ベントオーバーリアレイズ 1.足を肩幅に開いて立つ。
2.ひざを軽く曲げ、
背中を まっすぐにしたまま前傾する。
3.両手にダンベルを持ち、
腕を床に向かって下げる。
4. 肘を直角に引き上げる。
こぶしは床に向けたまま。
5.肘を直角に保ったまま、
ダンベルを持った手を ゆっくり肩の高さまで上げる。
6.2秒キープ
7.開始位置までゆっくり戻す。
8. 繰り返し

 

うーっん    ちょっと図が分かりにくいですね(*_*;
三角筋が分かりにくくてすみません。

わかりにくい場合は
コチラも見てみてください。

 

カテゴリー: カラダの使い方, コンディショニング, トレーニング   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>