【テニスプレイヤーと肩(4)】


【テニスプレイヤーと肩(4)】安奈です。こんにちわ。
運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー&インストラクターです。

肩の第4回です。

今回は
この動きに(図参照)
大事な筋肉のエクサイズを
紹介します。

三角筋中部バックハンド

 

テニスとの関連

腕をからだの中心から外側へ
引き離す(外転)ような
すべての動きに置いて、
肩の外側に位置する筋肉、
特に三角筋中(側)部は
重要になります。

バックハンドグランドストロークでの
バックスイングから
フォロースルーにかけて、
また、サーブのバックスイングの
際にも使われる筋肉です。

シングルハンドの選手にとっては
加速でも減速でも
三角筋中部線維が
唯一の主働筋となるので、
非常に重要なのです。

 

トレーニング方法

サイドレイズ

1.両手に軽いダンベルをもつ。
2.胸を張って立つ。
3.手のひらはももに向ける。
4.ダンベルを握って、身体の横で肩の横まで上げる。
5.手首はまっすぐ、肘は少しだけ緩める。
6.止まったまま1・2と数える。
7.開始位置へ下ろす。
8.10-12回×2~3セット実施。

★ 動かすのは腕だが、体幹を意識し、
身体の中心から動作を感じるようにしましょう。

★上げ下げのたびに
カラダがぶれないよう、しっかり
体幹で固定してください。

 

頑張りましょう(^O^)/

 

カテゴリー: カラダの使い方, トレーニング   タグ: , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>