【テニスプレイヤーと肩(1)】


【テニスプレイヤーと肩(1)】安奈です。こんにちわ。
運営管理者です。
フィットネスライター&トレーナー&インストラクターです。

 

テニスプレイヤーにとって
肩はパフォーマンスの向上に
欠かせないと共に、
ケガも多い部位で、重視しなければなりません。

肩は、球関節であり、
身体の中で最も可動域(動く範囲)が
広い関節です。

肩の可動性は大きい方が
多方向に大きく動かせるので
リーチの伸びが大きいなど
有利です。

しかしその反面
肩関節が不安定になり、
オーバーユース(使いすぎ)から
ケガをしやすくなります。

テニスに必要な肩の筋力と
可動域(柔軟性)を上げる
エクササイズとストレッチは
ケガの予防に必要不可欠なのです。

注意点

肩のエクササイズをするときは
体幹を安定させて行うことが
重要です。

体幹を安定させることで
バランスの良い姿勢を
保つことが出来
ケガを防ぐことも出来ます。

よい姿勢であれば
それぞれのストロークで、
下半身から上半身へ適切に
力を伝えることが可能となります。

基礎的な筋力がつくまでは、
10回~12回×2~3セットで
行うようにしてください。

適切な休息をとることも
忘れないようにしましょう。
(1週間のうち最低限1日)

最初は特に出来るだけ
自己流でなくトレーナーにつき
正しい方法とフォームを
身につけましょう。

肩の主な筋肉図

 

直接指導ご希望の場合はコチラから。
パーソナルトレーニングベース プラチナジム 

カテゴリー: トレーニング   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>