【カラダの使い方」が大事・その1】


【カラダの使い方」が大事・その1】こんにちわ。
運営管理者:安奈です。
テニス上達の近道は
何だと思いますか?

練習?
フォーム?
戦略?
それとも用具?

あなたがこれまで
コーチや先生やから
受けてきた指導は
どんなだったのでしょう?

先生が見本を見せて
それを真似る。
「肘曲げないで」
「ラケットは垂直に」

そして
カタチはきれいに
なってきたんだけど
何か違う…。

 

【技術は10人10色】

そもそも、フェデラーだって
ナダルだって、全く同じように
プレイしてませんよね。
人の動きを型にはめて
それで流動的なゲームに
対応できますか?
【まずは使い方を学ぼう】

個人差はあっても、
球技の動作は「投げる」
「とる」「走る」が基本。
走るためのカラダの使い方。
投げるためのカラダの使い方。
とるためのカラダの使い方。

そして、それを支える
基礎体力。
まずはここの土台を
しっかりさせないと
「勝つ」以前のお話。
土台がしっかりしていない
家の屋根だけ大きくしても
キケンですね。

上達のピラミッド_130707_130707032702
飛んできたボールに
素早く到達し、ボールを打つために
最適な姿勢が瞬時にとれている。
これが上手なプレイヤー。

つまり、
ボールの落下点を見極め
そこまでダッシュ、ストップ、
バランスを崩すことなく
打ち返す姿勢になって、打つ。

このことは
カラダの使い方を学ぶことで
上手にできるように
なっていきます。

しかも、人のカラダは
個性はあっても、昔から
構造や基本的な運動機能は
変わってないのです!

そこに、カラダの使い方を
学ぶ価値があります。
同じテクニック(技術)だったら、
カラダの使い方がうまい、
使い方を知ってる方が勝ちですね。

【続く】

カテゴリー: カラダの使い方   タグ: , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>